乳酸菌

乳酸菌ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私
49年 前

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私の経験によると、かなりたくさん食べないと、あまり効かない感じがします。

毎日1パックぐらいは食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムなどを入れて、なるべく摂取するとよいでしょう。インフルエンザの感染が判明すると学校などへの出席が5日間禁止になります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのはみんな理解しています。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が発揮できないのではという疑いを持つひともいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、それが身体の健康づくりにとても効果的です。

乳酸菌を取り入れると色んな効用があります。例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境をより良くします。

その結果として、免疫の力がアップし、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。

乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いと言われています。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、体調不良も引き起こします。

もっとも女性に多く見られるのは、便が何日も出ないことです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが推薦します。

更に望めば、便秘を予防する意味でも、、一週間に1、2回はウォーキングしたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ探してみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これって知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすごく健康になることができたのでした。朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べています。

ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘にならずにすみます。乳酸菌を取り入れるようになってから、お肌の調子がすごく良くなって、ダイエットにもなりました。内臓の調子をしっかり整えておくと肌がキレイになると知って、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品だそうです。

「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。これはちょっと照れくさいです。

便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌がふくまれたサプリメントです。腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人もたくさんいます。

後、毎日乳酸菌が入った食べ物をとるのは大変苦労します。

それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと吸収することができますので、便秘解消につながります、どうして私が便秘になったのかというと、運動不足にあるのだと思います。会社への毎日車で通勤しているので、あまり歩く事もありません。

犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。

そのような事情で、私は便秘がちなのではないでしょうか。

便秘改善のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。この数年、乳酸菌がアトピーをよくすることが見つかってきました。アトピーを誘因するものはいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって起因されることもあります多くのアトピー患者は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを治す第一歩となります。

大便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が発生します。どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを排出しようとし、口の臭いになってしまうのです。

このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

事実、アトピーで出る症状は大変にキツイ症状になります。

暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの我慢比べになります。夏は汗のせいでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまうこともあります。娘のインフルエンザ対策の接種に伺いました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射を接種しています。予防接種の後は怖かったーと表現していました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も語れませんでした。

乳酸菌が身体に良いものだということはよく知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。

これも本当かもしれません。そのわけは、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。

とりあえず、自分に合うかどうか試した後で考えてみてください。

タグ:
andrewsharp Administrator