乳酸菌

乳酸菌妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌サプ
49年 前

妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌サプ

妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。

二年前に花粉症になってしまい、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。薬を服用するのは気が引けたので、テレビ番組でやっていた乳酸菌飲料を試用してみました。

現在のところ、これにより花粉症の症状を抑えられています。

ヴァイナス(VINUS)お試し

乳酸菌を食べたり飲んだりすると様々な良い結果がもたらされます。まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、いい方向へと働きかけます。

その結果として、免疫の力が向上し、沢山の健康に対する良い効果が得られます。

アトピーに良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされているのです。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、悲惨な見た目でした。

いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果が出なかったばかりか、住む場所を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、我慢できない痒みもなくなりました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、重大なことに至ります。まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも想定できるでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、絶対に外出させない方が確実かもしれません。

特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌がふくまれたサプリメントです。

腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も多数います。

後、毎日乳酸菌が入った食べ物を摂取し続けるのは大変です。それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんととることが可能ですから、便秘の解消に役立ちます。アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。

当然のことですが、必ず医師の指導の下で適正に使用するということが不可欠です。

もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分だけで判断することは好ましくありません。乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという疑いを持つひともいます。

しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、身体の健康づくりにとても効果的です。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が実体験したのは、大量に食べないと、あまり効かない感じがします。

毎日1パックぐらいは食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムなどを入れて、できるだけ摂取するとよいでしょう。アトピーは乳酸菌を摂取することで、改善できる可能性があります。アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギーが起こることになるのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。子供のインフルエンザを防ぐための注射につれて行きました。私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射を接種しています。予防注射の後は怖かったーと表現していました。

必要以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、あまり話せませんでした。

身体に乳酸菌が良いことは事実でよく知られていますが、実は有効ではない説もあります。この説も、本当かもしれません。そのわけは、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。

まず、合うかを試してから考えてください。最近の研究成果でインフルエンザ予防に対して乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきたのでした。というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。

日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力がアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品等です。

苦しい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になってしまいがちです。

少しでも早く、この状態を解放して、お通じを出やすく柔らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。

知っての通り、アトピーは大変に苦しい症状になります。

暑い寒いを問わず1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。

夏は汗のせいでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って食べてしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。

腸内環境を整えていると美肌効果があると聞いて、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、実は、ヨーグルトと同じくらいにお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食品みたいです。

「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。ちょっと恥ずかしい気持ちです。

タグ:
andrewsharp Administrator