乳酸菌

乳酸菌私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を
49年 前

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。一般的な乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。このことを知ってましたか?30年余り生きて来て、とても驚いた事実です。

娘のインフルエンザの予防注射につれて行きました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射をしています。

予防接種の後は怖かったーと口にしていました。必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も語れませんでした。乳酸菌を選ぶ方法としては、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試してみることが良いでしょう。

最近では、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリというものも売られています。

腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、休日前に試すといいでしょう。

乳酸菌が身体に良いものだということは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。

これについても事実かもしれません。

その理由は、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えてみてください。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として関心を持たれています。オリゴ糖を添加された乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内の状態を整えてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の働き向上や健康促進には必要不可欠な成分だと主張することができます。

事実、アトピーで出る症状は大変に我慢できない症状になります。

季節関係なしに1年中痒みとの我慢比べになります。

夏は汗のせいでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では同じなのですが、ビフィズスは、さらに、酢などという菌に強い成分も作る働きがあるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に効果的ということなのですね。このごろは、いろんな感染症の話を耳にするので、意識しながら摂るといいかもしれません。

最近の研究成果でインフルエンザを予防していくには乳酸菌が高い効果を誇るということがはっきりとわかってきました。インフルエンザの症状をワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力が上がって、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。夜更けに高熱が出て、40℃前後まで上がって体調が悪化したので、翌日通院しました。インフルエンザの検査が実施できますよと確認なさいました。

万が一、インフルエンザだったら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、チェックしたいと希望しました。

腸内の環境を整えておくと肌が美しくなると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む「乳」という文字があることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。

何となくちょっと恥ずかしい思いがします。

何日も大きい方が出なくなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口臭が感じられるようになります。いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを排出しようとし、口が臭い結果となるのです。そうなると、お通じがよくなると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。

乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用はありません。ところが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性がございます。消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識内の量に保つと安全でしょう。アトピーを改善させるには食事も効果的です。

アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができると言われています。

消化器系の内臓器官を整えて免疫力に影響がある成分としてヨーグルトと大豆食品などを毎日バランスよく摂取していくとアトピーの改善に効き目があります。

おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。おならによる臭いの原因は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。そんなわけで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増殖を防止する役割をする、乳酸菌を摂ることで臭いを和らげることができます。

タグ:
andrewsharp Administrator