乳酸菌

乳酸菌わたしの母は重度のアトピー患者です。どうやら遺伝し
49年 前

わたしの母は重度のアトピー患者です。どうやら遺伝し

わたしの母は重度のアトピー患者です。どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピー症状が出始めました。

皮膚がボロボロになってしまって、日々保湿を欠かすことができません。スキンケアをきちんとしないと、外にいくのも難しいのです。

母を責めるわけではないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、悲しい気持ちになります。

内臓の調子をしっかり整えておくと美肌になると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実を言うと、ヨーグルト同様に食品のようです。「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。これではちょっと恥ずかしい思いです。娘のインフルエンザ対策の接種に受診しました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。予防注射の後は怖い!と伝えていました。見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も言うことができませんでした。

インフルエンザの感染が判明すると学校の出席が5日間できなくなります。

インフルエンザに感染した際でも、発熱は2、3日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。

熱が下がったあとでも体内にウィルスはまだ残っており、うつしてしまう場合があります。

なので、出席停止の期間を守ることが集団感染予防には必要なことです。

便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌が摂取できるサプリです。

腸内環境を整えることの大事さはわかっていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人も多いです。

それに、毎日のように乳酸菌が含まれる食品を食べ続けるのは大変です。それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんととることが可能ですから、便秘が改善することになります。私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。

ヨーグルトです。

毎朝食しています。

食事するうちに、便秘が解消してきました。

ひどかった便秘が完治できて、便秘薬を飲むことも消えうせました現在ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。

先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛々しい姿でした。

いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果が出なかったばかりか、住居を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、我慢できない痒みもなくなりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと体には色んな効き目があります。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

その結果として、免疫の力が向上し、多くの健康効果を実感することが出来ます。アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされています。私は花粉症になってしまってから、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

でも薬を利用するのはしたくなかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを使ってみました。

今のところは、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

実際、便秘になっても、薬によって簡単に、解決できると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。特に食物繊維を多く含む食品を摂ることが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。

野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤を試用品として貰いました。あらゆるものがそうですが、実際、試しに使用してみないと判断できないものです。

その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、思っていた通りの印象でした。しびれるような感じもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは共通ですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢などという菌に強い成分も作る働きがあるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いとしているのですね。

このごろでは、いろんな感染症についての話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。この間、インフルエンザにかかりクリニックに行きました。

何日くらい潜伏期間があるものなのか明確ではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。高い熱が3日わたって出て大変苦しい思いをしました。

インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常の風邪より辛いですね。

通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。

頑固な便秘の人は、便が固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。この状態を改善して、軟らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。

ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指2本分程離れた場所である天枢(てんすう)であります。また、おへその下5cm程度のところにある腹結というツボにも同じように効果があると思います。

手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。便秘の種類それぞれで効くツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと効果がでやすいでしょう。

タグ:
andrewsharp Administrator