乳酸菌

乳酸菌便秘に苦しんでいたのですが、最近は少しずつ改善され
48年 前

便秘に苦しんでいたのですが、最近は少しずつ改善され

便秘に苦しんでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。効果があった対策は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日食べてみたのです。

この対策を実施しているうちに、おなかの調子がよくなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。

最近は毎年恒例のように冬になればインフルエンザが大流行しています。

年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部ではかなりの人数が発症しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と触れる場所で感染をしているのだと思います。

実はインフルエンザの予防ために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。

1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというテレビプログラムを見ました。

私の娘が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが格別にいいそうです。

オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分としてクローズアップされています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分だと主張することができます。便秘になってしまっても、薬に頼れば簡単に、解決できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。特に食物繊維を多く含む食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

夜更けに高熱が出て、約40℃に上がって体調が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。インフルエンザの検査が実施できますよと教えてくれました。万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、チェックしたいと考えました。乳酸菌と言って思い出すのはカルピスですよね。小さかったころから、日々飲んでいました。

それは乳酸菌があるからです。母親が毎朝、私に飲ませてくれました。そのわけで、私は便秘の経験がありません。きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できることもあるといいます。アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。

数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーが起こることになるのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。母は重度のアトピー持ちです。

遺伝していたようで、私もアトピーを発症しました。

肌がボロボロになってしまって、毎日保湿を欠かすことができません。お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外にいくのも難しいのです。

別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、悲しい気持ちになります。

アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年々高い効き目を得られるようになっています。

勿論、必ず医師の指導を受けたうえで正しく用いるということが必須です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師、薬剤師の意見を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分の考えだけで判断することは良い結果につながりません。

インフルエンザにかかってしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂るために食事をしなくてはいけません。薬も大切ですが、何より栄養を補給することも重要です。

とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、消化吸収しやすく栄養満点なものをすぐに摂ってください。

乳酸菌が身体に良いということはよく知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。

この説も事実かもしれません。

なぜかというと、体質には個人差があるほか、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えましょう。

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳になったばかりの頃でした。

かゆみがしょっちゅうあり、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、一向に具合が良くなってくれません。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤を試用品として貰いました。

どのような品物でもそうですが、試しに利用してみないと判断できないものです。その入浴剤は皮膚によく馴染んで、使用感が良好でした。

違和感を感じる事もありませんし、皮膚が引っ張られるような感じもなくて、潤いを保ちます。

事実、アトピーで出る症状は大変にきびしい症状になります。

季節を問わず一年中痒みとの根くらべになります。夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

タグ:
andrewsharp Administrator